SEIKA IN LIFE
暮らしの中にセイカの化学

photo
photo
宇宙開発 飛行機 自動車 建材 携帯電話(スマートフォン) デジカメ 液晶テレビ 断熱材 セイカのビジョン セイカの森
暮らしの中にセイカの化学

暮らしの中にセイカの化学。

私たちが暮らしの中で使う色々な物には、化学の力で産み出された製品がたくさんあります。 普段は気づきにくいかも知れませんが、化学製品は豊かで快適な生活を送るために欠かすことができない存在となっているのです。
セイカグループは、化学を通じて様々な製品を生み出してきました。皆さんの周りの色々な場所でセイカの化学が生きています。
きっとこれからも、セイカの化学は皆さんがあっ‼とおどろくような新しい製品に姿を変えて登場するでしょう。
人工衛星

宇宙開発

宇宙で活躍する人工衛星や宇宙探査機が金色のキラキラしたもので覆われているのを見たことがあるでしょう。 あれは大切な機器を太陽の熱などから守る保護膜の役割をしています。
宇宙空間では、直接太陽の光が当たる部分の温度は100度以上に、日かげの部分は逆にマイナス100度以下にもなるというきびしい条件にさらされています。 保護膜は、すごく薄くても厳しい条件に耐えられるポリイミドという樹脂でできていて、その樹脂を造るのにセイカの製品が使われています。
宇宙空間で帆を広げて進む宇宙船「IKAROS(イカロス)」の帆にもポリイミド樹脂が使用されていますが、 ポリイミド樹脂が薄くても宇宙空間で耐えられる素材だからこそIKAROSは実現できたのです。
GO TO TOP
旅客機

航空機

航空機はこれまで鉄やアルミニウムなどの金属でできているというのが当たり前だったけど、今、別の素材が取って代わろうとしています。 それは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)というもので、重さは鉄の4分の1とすごく軽くて、しかも鉄の10倍の強度があるというすばらしい素材なのです。 これによって航空機の燃費は飛躍的に改善し、少ない燃料でより遠くまで移動することができます。
CFRPはエポキシという樹脂で固められますが、この樹脂を固めるための硬化剤としてセイカの製品が使用されています。 CFRPはこの他にも、ゴルフクラブのシャフトや自動車の構造体など、用途が広がりつつあります。
GO TO TOP
ハイブリッド自動車

自動車

自動車は、より低燃費でより環境にやさしいエコカーが日々開発されていますが、ハイブリッド自動車はその中で最も身近なエコカーです。
ハイブリッド車にはエンジンとモーターが搭載されており、そのモーターにおいても小型化、高出力化を目指して日々開発が進められています。 セイカの製品は、モーターの絶縁材に使用され、その高性能化に役立っています。
また、エンジンルームやサスペンションのゴム部材にもセイカの製品が使われています。
GO TO TOP
競技場・駐車場

建材

陸上競技場のトラックはウレタンというゴムのような素材でできています。 表面はデコボコで、走るときには滑りにくく、陸上選手がすばらしい記録を打ち立てるのに役立っています。
大型立体駐車場の床にはウレタン製の防水材が塗られています。
GO TO TOP
写真

スマートフォン・デジカメ

スマートフォンやデジカメは、たくさんの小さな部品で組み合わされています。
その部品のあらゆるところ、例えばディスプレイ材料や回路基盤の絶縁材料などを造るのにセイカの製品が使用されています。
最近では放熱シートにも用途が広がりつつあり、機器の小型化、高性能化に役立っています。
GO TO TOP
写真

液晶テレビ

液晶テレビの主要な部品である液晶パネルの中は、さらにいくつもの部品が重ね合わされてできています。 それらの部品にもセイカの製品が使用されています。
液晶テレビがきれいな映像を映し出すために、それに使われる原料も安定した品質を保っています。 それによって液晶テレビは美しい映像を映し出すことができるのです。